FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

FXの税金対策

大きく稼ぐ方は絶対にくりっく365が有利
くりっく365以外の業者で取引していると課税所得になりますから、

★195万円以下      15%
★195万円~330万円以下  20%
★330万円~695万円以下  30%
★695万円~900万円以下  33%
★900万円~1,800万円以下 43%
★1,800万円以上      50%

になります。歴然の差があります。
FXで330万以上稼ぐつもりがある方は、絶対にくりっく365にしましょう。また学生や主婦など収入が少ない方は、195万円までくりっく365以外の業者だと15%ですむので、一律にくりっく365(一律20%)が有利というわけではありません。

必要経費の計上で節税
税金は利益総額に対し課税されるのではなく、その金額から必要経費を差し引いた残りの金額に対し課税される仕組みです。

案外知られていませんが、この必要経費は様々な経費が対象となっています!
例えばFXに関する書籍などを購入した場合も経費として計上できますし、セミナー代金なども経費として認められます。そのセミナーに行く交通費も経費となります。(入出金に関する振込手数料、筆記用具、プリンタのインク等の消耗品費、固定電話代、携帯電話代、プロバイダ通信料、切手代、新聞代、関連雑誌代などの書籍代)
経費として認めてもらうには領収書、レシートのいずれかが必要となります。
必要経費を漏れなく計上することが最大の節税と言えるでしょう!


スポンサーサイト

PageTop

FXに関する税金の基本

FXの税金について
FX取引での利益は「雑所得」に区分され、雑所得は、年間20万円までは申告の義務がありません。
年間20万円超えてしまうと税金を納めなくてはなりません。

利益の半分を税金でとられる!?
くりっく365以外の業者で取引した利益は総合課税です。FXに適用される総合課税の特徴は、所得が大きくなるにつれて、税金が高くなるという点です。稼げば稼ぐほどたくさん税金を払わなければなりません。最大50%まで納税の義務が発生します。利益の半分を持っていかれるのです。

そこでくりっく365で節税対策
この総合課税をを回避できるのが『くりっく365』です。
外国為替証拠金取引には取引所取引(くりっく365)と非取引所取引(店頭取引)があります。くりっく365は、取引価格やスワップポイント、税制面などにおいて有利な点があります。
くりっく365におけるFX取引は、申告分離課税として、所得の大小に関わらず一律20%の税率(所得税15%、住民税5%)となる他、損失を3年間繰り越すことができます。

節税する方法は他にもいくつかあるので、その方法はまた別のところで紹介します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。