FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

FX取引が納税監視強化

政府・与党は30日、少ない元手で外貨を売買し、為替相場の変動で利益を狙う外国為替証拠金取引(FX取引)に関する納税チェックを強化する方針を固めた。  個人投資家の申告漏れが増えているため、すべての取引業者に対し、取引状況を示す書類を税務署に提出することを義務づける。今月中旬にまとめる2008年度の与党税制改正大綱に盛り込む方向だ。  個人が行うFX取引には、証券会社などを通じた店頭取引と、東京金融取引所が設けた取引市場での取引がある。  このうち取引市場を通じた取引は、取引業者が投資家の取引状況を記した「支払い調書」を税務署に提出する義務があり、チェックが可能だ
読売新聞

FX取引において多額の脱税が次々と発覚しているので必然的な流れですね。納税は国民の義務ですからみなさんもちゃんと申告しましょう~

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

スポンサーサイト

PageTop

月曜からの相場の流れは・・・

先週は若干円安が進んで、終わりましたが、今週はECB政策金利発表後のトリシェ総裁のコメント、週末に控える米雇用統計 、12月11日開催のFOMCでの金融政策の動向が控えておりしかも年末も近づいてきて乱高下しやすい状態だと思います。ストップはきっちりつけて、まだサブプライム問題は終息したとは到底おもえませんので、いつも以上に注意したい週になるとおもいます。
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

PageTop

また嫌なニュースが・・・

金融庁は3日、外国為替証拠金取引(FX)を展開する日本ファースト証券(東京都中央区)が、顧客から預かった証拠金を他の顧客の不足分の穴埋めに流用していたとして、4日から6カ月間の全業務停止命令を出した。自己資本比率が100%を下回っており、不足の解消なども命じた。  FX取引だけでなく、同社の証券業務も一部を除き停止を命じた。金融庁によると、同社は特定の顧客の損失により、追加証拠金の支払いを受ける必要が生じたが、未回収の状態で、他の顧客の証拠金で穴埋めしていた。また、10月末時点の自己資本比率を146%と虚偽報告していた。同社はFX取引で約4000口座の契約があり、顧客から証拠金約12億円を預かっている。 毎日.JP
PageTop

徐々に円高になってきた・・・

ゆっくりと円高になってきましたね。現在保有している110.10の5枚のショートをどうしようか迷い中です。基本的に円高局面だとおもうので持ち続ける方がいいとおもうのですが、一時111半ばらへんまでいったのでもう一度その辺までいくのか、ってところなんですけど・・・
PageTop

初心者におすすめの書籍

ど素人がはじめるFXの本 ど素人がはじめるFXの本
「羊飼いの外国為替証拠金取引FXブログ」管理人 羊飼い (2007/03/14)
翔泳社
この商品の詳細を見る
パクが一番最初にFXを勉強するために買った本です。とてもやさしく書いてあり、これからはじめる方や初心者の方には絶好の本だとおもいます。
PageTop

<MJ> パクが使っている口座紹介 

パク自身が使っているMJを紹介しようと思います。

まず結論からいいますと、かなり満足しています。80点ってところですね。デイトレかスイング派のパクにとって、スプレッド1銭の威力は抜群です。クイック入金もジャパネットだけだったのですが、最近イーバンクも対応されました。


MJの取引システムはインターネットのブラウザ展開なので、インターネット環境があれば、どこからでも簡単に取引ができるので、会社や自宅とか複数の場所で取引される方にも最適だと思います。

一応携帯も対応しています(パクは使ったことないですけど)。パクが使っての感想としては、システムもつかいやすいですし、かなり満足していますし、おすすめです。

だけど欠点もあり、指標時にサーバーが落ちることと、スプレッドが流動性で指標時に3銭ぐらいに広がることがあり、ここだけが不満な点ですね。


なのでMJだけで取引するのはあまりおすすめはできません。MJとサーバーが強いFXプライムなど最低一つは他の業者を使いこなすことをおすすめします。でもやっぱりスプ1銭の威力は抜群なのでデイトレかスイング派の方には外せない業者だと思います。


MJオンライン外国為替取引

PageTop

明日からの予想

以前から保有していた110.10の5枚のショートを昨日の夜、109.80で決済しちゃいました。マイナススワップがたまっていたので今回はあまり稼ぐことはできませんでした(泣。現在110.45ぐらいを推移していますが、今後は
PageTop

テクニカル分析 パラボリック

今回のテクニカル分析はパラボリックを紹介したいと思います。
パラボリックの特徴としましては、大きなトレンドがあるときに有効で、頻繁に売り場と買い場がいれかわるため、比較的短期の売買向きだと言われています。

その他にパラボリックの特徴として、「買い」か「売り」のポジションを必ず持つことになります。これは、例えば、今まで「買い」であったのが、トレンドが変わった時に売却するだけでなく、売りポジションも新規にとります。この逆は売りポジションだったものを買い戻すと同時に買いポジションをとります。


parabolic.gif





計算方法は

SAR=(EP-前日のSAR)×AF+前日のSAR


EP:極大値

SARが買いサインを示している期間・・・その期間の最高値

SARが売りサインを示している期間・・・その期間の最安値

AF:加速因子

 (通常は、0.02≦AF≦0.20)


売りシグナル

上昇しているSARが下降している日足と接触した地点(SARが陰転したとき)

買いシグナル

下降しているSARが上昇している日足と接触した地点(SARが陽転したとき)



パラボリックの大きな特徴は大きくトレンドが出た時に有効であるといわれています。
つまり、買いでも売りでも大きなトレンドに乗り、大きく利益を出そうということです。
その逆にレンジ相場になると頻繁にシグナルが出たりしてダマシが多くなる、といわれています。レンジ相場の際にはRSIなどの方が有効です。
やはり完璧なテクニカル分析はなく、使い分けることが必要になってきます。


パラボリックには、どんなトレンドもずっとは続かないという前提があり、時間の経過とともにマーケットに追いつけるように加速ファクター(AF)が組み込まれています。
ただ、AFの初期値及び最大値を大きくすると価格の動きに近づき、小さくすると滑らかな曲線を描きます。つまり、AFの初期値及び最大値を大きくすると騙しが多くなり、小さくすると騙しを減らせる反面、タイミングが遅れます。



 一般的に、パラボリックはトレーディング・ストップとして用いられることが多いようです。しかしながら加速ファクターの当初の設定である0.02では、初めのストップロスの水準が、ほとんどのトレードに対して離れ過ぎている為、すばやく動き始めることができません。パラボリックを利用する際はこの点に注意が必要です。
PageTop

今日のパクのFXのポジション

先ほど111台までいったので111.04でドル円を7枚ショートしました。順調にさがってくれればいいのですが、英中銀金融政策委員会が、政策金利を0.25%ポイント引き下げ5.5%になりましたね。
 理由は
PageTop

実はよくわからないくりっく365

実は良く知らないという人も結構いるのではないかと思います。 なんとなく税金面が有利ということだけはしってるけど詳しくは・・・という方のために今回はくりっく365を取り上げたいと思います。くりっく365とは外国為替証拠金取引を公設の取引所で行う
PageTop

サブプライム問題の解決へつながるか・・・

返済金利5年間凍結へ 米、サブプライム救済策

低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)の大量焦げ付き問題をめぐり、ブッシュ大統領は6日午後(日本時間7日未明)、返済金利の5年間凍結などを柱とした借り手救済策を公表する。金利が上昇してローンが返済できず持ち家が差し押さえられる事態を減らし、実体経済への悪影響を回避するのが狙い。

 
PageTop

来週火曜のFOMCを控えて・・・

今日は111.45まで円安が進みましたね。111.04でショートしたドル円を7枚ですが、まだこのあたりは想定内なのでこのまま保有したいと思います。

本日のポイントの米国の雇用統計が良くても、来週火曜日11日にFOMCを控えているのでそんなにドル高にならないと思います。悪ければやはり強く反応すると思います。

でも日経平均が1万6000目前で終わっていて、安心感がでてきてるようなので、注意が必要なところですね。とりあえず、今日の雇用統計を見守りたいと思います。

PageTop

最高の投資家 バフェット 

バフェットからの手紙 - 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブルバフェットからの手紙 - 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
(2000/01)
ローレンス A カニンガム、増沢 浩一 他

商品詳細を見る
世界最高の投資家のバフェットの書籍です。投資哲学を学ぶにはうってつけの本です。

短期売買の秘訣を知りたいという人には向いてませんが、長期的な投資スタイルの人には最適な一冊だと思います。

パクが最も尊敬する投資家の一人がバフェットです。この本は凄くおすすめします。ぜひ読んでみてください。

PageTop

ファンダメンタルズ分析 雇用統計とは・・・

雇用統計は失業率と非農業部門就業者数が、毎月、第1週目の金曜日に発表されます。経済政策変更のきっかけとなる事が多く、重要なのは非農業部門就業者数の指標です。

就業者数が増えれば、給料もらう人が増え、景気も底堅いと判断できます。労働需要が強ければ、平均賃金が上昇しやすい。結果、インフレ懸念が広がり、インフレ懸念が広がれば、FOMCで、利上げを行う可能性が高まり、そうした思惑から、ドルが買われる要因となります。

失業率は失業者を労働者人口で割ったものをパーセントで表示します。 農業は季節労働者は除かれ就業者数が示されます。 また、この数字は給与が支払われた人数をカウントしますので、経営者や自営業者も除かれます。 業種別では、製造業の就業者数が重要とされています。

それと注意する点がいくつかあります。

PageTop

テクニカル分析 移動平均乖離率

今日のテクニカル分析は移動平均乖離率を紹介しようと思います。オシレーター系のテクニカル分析になります。




計算式は




移動平均乖離率=(終値-25日移動平均)÷25日移動平均*100%



買いサイン・売りサイン



25日移動平均からの乖離を見て、相場が買われ過ぎの状態にあるのか、売られ過ぎの状態にあるのかの目安とします。マイナー株などは20%、30%乖離することは多々ありますが、日経平均や為替などは25日移動平均から10%も乖離すれば、かなりの乖離率なので、リバウンドで戻る確立は高くなります。



オシレーター系の指標は大きなトレンドがあるときには弱いので、適切に使わないと大損しますので、注意が必要です。


PageTop

原油価格の上昇の影響は・・・

最近、原油価格の上昇がとまりませんね。原油価格の上昇が為替にどういった影響をあたえるのかというとこを今日は紹介したいと思います。

 世界の決まりごとで原油の決済はドルで行われることになっています。なので日本が原油を買いたいときは、円をいったんドルに変えなければなりません。原油価格が上昇すれば、 同じ量買うにしても、原油価格の上昇によって、ドルを調達する量も増えます。

 よってドルが欲しい人が増えるのでドル高、円安になります。原油価格が上昇したからといってすぐに、為替に影響はしませんが、ボディーブローのように影響を与える要因となります。

PageTop

投資の格言・・・パート2

最初の損は最良の損
ビギナーズラックは、あくまでもビギナーズラック。最初の勝ちでの過信は、のちの大きな痛手のもとです。それならば、むしろ最初に損をした方が、今後の教訓となる様々な事を学ぶことができるでしょう。

意地商いは破滅のもと。
 相場は個人の都合じゃ動いてくれないの常です
。 熱くなって破滅した投資家は数え切れないぐらいいると思います。
リスク管理の重要さをさりげなく言った格言ですね。

運を待つは死を待つに等し。
努力をしないで成功した投資家はいません。結局どの世界も運だけじゃ成功はできないですね。

卵を割らずにオムレツは作れない。
リスクを取らないと利益は得られないということをいった格言です。恋愛でも仕事でもなんでも通じるところがありますね。

PageTop

テクニカル分析 エンベロープ

エンベロープ今日はエンベロープを紹介したいと思います。トレンド系の指標となります。
計算式を以下に記します。

N日間の移動平均線に、その時点の±N%の幅で線をプロットします。

N日は一般的には移動平均を基準に3~5%の幅でプロットさせます。

買いサイン
下に乖離させたバンドに価格が到達した地点が買いサイン

売りサイン
上に乖離させたバンドに価格が到達した地点が売りサイン

この指標は前提に移動平均線から価格がある程度乖離した後は価格は移動平均線へ回帰するというのが下になっています。乖離幅を小さくしすぎると反転の目安にはならず、大きすぎてもいつまでもサインがでないということになりますので、各通貨ペアに合った乖離幅を探る必要があります。

PageTop

テクニカル分析による現状・・・

ファンダメンタルズも考慮するとおもいますが、みなさまはどのテクニカル分析を重要視してますか。
私はスイング派なのでトレンドを意識しつつ、短期に強い指標を考慮してます。テクニカル分析のそれぞれの指標を載せておきます。

ドル/円______終値_______111.67

移動平均線
__________________________________________乖離率
短期_______21日______110.000_______1.52%
中期_______90日______114.355 _______-2.35%
長期______200日______117.590 ________-5.03%

エンベローブ
(+2%)_____13日_________111.931
(-2%)_____13日_________107.541

ストキャスティクス
______________________________________状態
% D_______13日______94.81______買われ過ぎ
slow % D____________84.08_______買われ過ぎ
% D_______42日______37.97_______中立
slow % D ___________33.06________中立

相対力指数(RSI)
_______________________________________状態
短期______7日_______67.15_________中立
中期_____13日______58.80__________中立

ディクショナルムーブメント(DMI)
__________________________________________Position
PDI ________14日_________22.29________買い
MDI _______________________17.94
ADR _______14日_________41.00_______トレンド
ADXR______14日_________43.54_______トレンド

PageTop

月曜からの相場の流れ予想

来週は注目材料がてんこ盛り。

12月11日のFOMC政策金利発表結果とその声明
米中戦略経済対話
PPIやCPIを中心とした米国の経済指標
米大手金融機関の四半期決算発表
などなど。

中でも注目がFOMC政策金利の発表ですね。予想では利下げがほぼ確実視されているが、今後の追加利下げの言及されるかが注目ですね。

それと個人的に注目してるのが米大手金融機関の決算発表です。サブプライム問題の影響がどれほど続いてるのか、まだまだ終息しそうにないのかが見えそうな発表になると思います。

PageTop

テクニカル分析 ストキャスティックス

ストキャスッティクス

今日はストキャスティックスを紹介したいと思います。分類的にはオシレーター系のテクニカル分析となります。

計算式を以下に記します。
%K= (C-L)/(H5-L5) ×100 %D= H3/L3

C=当日の終値
H5は当日を含む過去5日の最高値
L5は当日を含む過去5日の最安値
H3とL3はH3=Σ(C-L5),L3=Σ(H5-L5)で計算します。


値が低くなるほど売られすぎ、高くなるほど買われすぎとなり、50%を中間点とします。


買いサイン
%K・%D両線とも20%以下(15%以下ならなお良い)で%Kが%Dを下から上にクロスし
たとき。右肩上がりのダブルボトムを形成している場合が理想。


売りサイン
%K・%D両線とも80%以上(85%以上ならなお良い)で%Kが%Dを上から下にクロスし
たとき。右肩下がりのダブルトップを形成している場合が理想。
1回目のサインはダマシになりやすく、2回目をシグナルとして用いること確率が高くなる。

スキャスティックスもオシレーター系のテクニカル分析なので、大きなトレンドがあるときは弱いので、ストップをつけることが大切になります。
それぞれの通貨ペアで適切な計算日数を探してみてください。

PageTop

<FXプライム> おすすめFX口座

今日はおすすめのFXプライムを紹介したいと思います。

まず基本的なスペックから、

手数料無料、スプレッド4銭、信託保全、それとFXプライムといったら強いサーバー

サーバーが弱かったら、相場が急変したとき、ロスカットが執行されず、
赤字が出て、あとでお金を請求されるといったことがあります。

そのためサーバー強いというのはFX取引において最も重視すべき項目のだと、パクは思います。

その他のサービスとして、情報配信はFX専門の速報ニュース配信3大サービスのうちの2つ、『FXWAVE』と『MarketWin24』の両方のあり得ない共存。更に速報系機能が2つ。『インフォーマ為替情報』と『FXプライム独自のマーケット速報』付き。携帯専用ページで『FXプライム独自のマーケット速報』をメール配信する設定が可能。

などなどサービスは充実!

低スプレッドの業者などで取引される方は、どうしても指標時にサーバーが落ちることがありますので、ここはもっといて損はない業者です。情報用にも最適な業者だと思います。

外国為替取引は安心の伊藤忠グループで


PageTop

年末へ向けてのスタート

明日のFOMCの政策金利の発表があります。利下げはほぼ確実視されてますので、声明文における今後の見通しへの言及に注目が集まってます。

今週は、非常に注目材料が多い週だが、明日が最大の注目です。パク的には米大手金融機関の決算に注目してます。

さて以前から保有していた111.04でショートしたドル円を7枚ですが、今週中には決済したいと思います。タイミングが凄く難しくなりそう・・・

PageTop

外貨準備とは

今日のニュースで「外貨準備運用は市場混乱の要因にもなり、扱いには細心の注意必要=首相 」というのあがりました。ここで外貨準備高が何なのかということを説明したいと思います。

外貨準備高とは他の国から物を買って輸入するとき、支払いに充てる準備として保有している外貨資産のことで、大部分が基軸通貨であるドル資産のことです。大抵の場合、アメリカ以外の国と日本が取引するときもドルで支払いが行われます。基軸通貨であるドルをもっているアメリカは、それによってすごく恩恵をうけているのですが、その詳しい説明は別のときにやります。

現在、中国の外貨準備高は急増してますが、それは中国人民銀行は実質的な対ドル固定レート維持のため大量のドル買い介入を続けてきたので中国の外貨準備高は急増している側面があります。日本の外貨準備は政府・日銀が円高阻止のための円売りドル買い介入を続けたことで、外貨準備が積み上がりました。十何年前、総理が講演で「外貨準備高を売れればと、何度考えたことか・・・」と述べただけでアメリカの株が軒並み安くなるほど、市場とは密接な関係にあります。

PageTop

テクニカル分析 RCI

rci_20071211034442.gif


今日はオシレーター系のテクニカル分析、RCI順位相関係数を紹介したいと思います。
個人的にはすごく好きなテクニカル指標です。
計算式

RCI=(1-6X/(Y(Y2-1)))×100
X=相関順位差の合計
Y=期間

一般的に日数は5日、9日、12日などが使われています。

RCIがゼロ以上であればトレンドは上向き、ゼロ以下であればトレンドは下向きです。
-80%以下で売られすぎ、+80%以上は買われすぎと見ます。
ここで注意が必要なのがオシレーター系の弱点の大きなトレンドがあるときは弱いので注意が必要です。

買いシグナル
順張りで対応する時はRCIがマイナス圏からプラス圏に転じたときに買います。

逆張りで対応する時はもう一本日柄の長いRCIを描き-80%以下のゴールデン
クロスで買います。

売りシグナル
順張りで対応する時はRCIがプラス圏からマイナス圏に転じたときに売ります。

逆張りで対応する時はもう一本日柄の長いRCIを描き+80%以上のデッドクロ
スで売ります。

PageTop

投資で負ける人の心理

投資で負ける人、それは合理的な考え方できず、感情的に物事を考える人が多いと思います。

例えば80万円程度の車が故障し、修理に出したところなんだかんだと言われ、30万円払ったとします。

暫く車を使っていると、事故を起こしてしまい、修理代として60万円かかるといわれました。こういった状況のときあなたならどうしますか?

先に30万円修理代を投資し、今度は60万円です。先に30万の修理をしていなかったら80万の車を60万だして修理する人はあまりいないのではないでしょうか。

だけど先の30万の修理代が無駄になってしまうという心理で修理をしてしまう人がいるのではないでしょうか。その人は負けやすい人だと思います。

なぜなら、最も合理的な行動は買い換えることだからです。

この心理状態はサンクス・コスト効果といわれるものです。含み損を抱えている投資家と同じです。ポジションを持ってないならばショートでポジる状況なのに、先にロングで取ったポジションが損を抱えてるので、ナンピンしてカバーしようとする人は結構いるのではないでしょうか。サンクス・コスト効果の怖いところは先に投資したコストが大きければ大きいほど、心理的効果が増幅されるというところです。

損を確定するのは辛いですが、それが最も重要なことなんですよね。

PageTop

買うと下がり、売ると上がる理由

FX取引を始めてまもない人などは、自分が買うと下がり、売ると上がるを経験したことがある人は少なくないんではないかと思います。

なんで自分ばっかり・・・となげいたのではないでしょうか。それにはちゃんと理由があるのです。
まず、初心者の方の陥りやすい傾向として、儲けをまるまる取りたくて底値で買って天井で売ろうといきこんで、逆張りで取引するという傾向があると思います。もともと個人投資家の大多数が逆張りだといわれています。だけど逆張りはすごく難しいの現状です。

下げているときに底値だと思って買ったとしても、買った瞬間に反転して、上がるのは稀です。毎年年利何十%も稼いでいる、プロ中のプロでも底値を読みきることなんてほとんど不可能です。下げトレンドが継続され、不安になってすぐに売って逃げる、または損をちょっと回復したところで、最悪な状況よりはマシだといって、売る。こういった流れで買うと下がり、売ると上がるの繰り返しで損を拡大しているのです。

「ふんふんなるほど、じゃ、上がるまで待てばいいのか」と考える方もいらっしゃると思いますが、それはもっと愚かな投資のやり方です。その後、暴落してすべてを失うことになりかねません。

じゃどうすればいいんだとおもわれるかもしれませんが、答えはひとつです。順張りで取引をすればいいんです。基本はやはり順張りです。逆張りとは経験をつんだ人がやるものだと思います。

よく投資の格言に「頭と尻尾はくれてやれ」という格言がありますが、そういったスタンスで投資をしたほうが、結果はいいと思いますよ。

PageTop

米の金利発表で・・・

政策金利の発表で結構下げましたね、現在は下げ止まった感じで110.70前後ぐらいで推移しています。

以前から保有していた111.04でショートしたドル円7枚ですが、下げ止まった110.58で決済しました。

パクの予想では110割れするとおもっていたのですが、利下げも0.25に留まったので、この辺で決済しました。

さてこれからの予想ですが、また、大手金融の決算発表などで、今週中か来週中に110割れするとおもうので、相場に注目しながらまたショートを仕込もうと企んでます。

PageTop

ポジティブな人は負けやすい人?

職業柄、周りに投資家がたくさんいるのですが、買ってる人、負けてる人いろいろですが、投資で負ける人には共通の特徴があると思います。

傾向としては「人の意見に頼る」「感情的」なひとは投資に向かないといわれていますが、パクが考える負ける人とは「ポジティブ」な人だと思います。

普通ポジティブというのは、長所にあげられるものだとおもいますが、投資の世界においてプラスには働かないと思います。なぜかといいますと、ポジティブな人はあまり失敗を気にしないからです。

投資で成功するためには失敗で学ぶ他に方法はないと思います。どんなに優秀な人に教えてもらっても、実際に失敗を経験しないで成功を収めた投資家はいないと思います。小さい失敗でどれだけ後悔をし、反省をするかで、投資家として成長できるのではないでしょうか。

最近、投資を始めて負けてばっかりいる人がほとんどだとおもいますが、そこから何を学ぶかが重要なことだとおもいます。

PageTop

だいぶ上げてきましたね。

現在、ドル円が112.30付近で推移しています。以前から述べてきたように先行きは円高だとおもってるので、パク的にはそろそろショートの仕込みどきだとおもってるのですが、昨日のFOMCの金利発表からの戻しが異常に早いので戸惑っています。

このまま一気に円安に進む感じもありますし、一気に戻したぶん、返しも早い気もするし、こういうときは様子を見るのが鉄則ですよね。

とりあえず明日の朝まで様子見でいきます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。