FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

FXに関する税金の基本

FXの税金について
FX取引での利益は「雑所得」に区分され、雑所得は、年間20万円までは申告の義務がありません。
年間20万円超えてしまうと税金を納めなくてはなりません。

利益の半分を税金でとられる!?
くりっく365以外の業者で取引した利益は総合課税です。FXに適用される総合課税の特徴は、所得が大きくなるにつれて、税金が高くなるという点です。稼げば稼ぐほどたくさん税金を払わなければなりません。最大50%まで納税の義務が発生します。利益の半分を持っていかれるのです。

そこでくりっく365で節税対策
この総合課税をを回避できるのが『くりっく365』です。
外国為替証拠金取引には取引所取引(くりっく365)と非取引所取引(店頭取引)があります。くりっく365は、取引価格やスワップポイント、税制面などにおいて有利な点があります。
くりっく365におけるFX取引は、申告分離課税として、所得の大小に関わらず一律20%の税率(所得税15%、住民税5%)となる他、損失を3年間繰り越すことができます。

節税する方法は他にもいくつかあるので、その方法はまた別のところで紹介します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。