FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

投資家の心理

投資家の心理

・仕掛ける時の心理
様々な分析を慎重に行なってから仕掛ける人は、ワクワク感とドキドキ感が交錯したような感じになります。ところが思い付きで仕掛ける人はワクワク感だけですが、後に大きな痛手を被り失望感を味わうことになるでしょう。
 ・手仕舞う時の心理
自分なりの投資理論を確立している人は利食いでも損切りでも淡々として行なえます。しかし、そうでない人は特に損切りの時にズルズルしてしまい大きな痛手を被ります。せめてストップロスさえ実行できれば良いのですが…。
 ・儲かっている時の心理
投資で一番余裕がある状態です。ただ、天狗になってしまうとポジションを膨らませ過ぎて、少しの逆方向の動きに元も子もなくしてしまうので要注意です。基本的には損をしている側の踏みや投げに合わせる余裕を持ちましょう。
 ・損をしている時の心理
心理状態は最悪です。いつかは元に戻るのではないかという心理が働き、結局は大損をします。追証制度がある商品先物取引は日々の資金繰りもありますから、実業も手につかず夜も眠れません。追証を入れる人は投資(特に先物取引)には向いていないと思います。
 ・上げ相場の時の心理
殆どの人が気持ちよく相場に対峠できる時です。不思議なことに好天の時は相場は高い日が多いようですから、天候も心理を左右するかもしれません。
 ・下げ相場の時の心理
上げ相場と全く逆の状況です。しかし、上昇トレンドの中での下げであれば皆さん余裕がありますが、下げトレンドの中での再下げは気持ちが落ち着かない人もいるでしょう。


おすすめサイト「FXの基礎講座」

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。