FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

平常心・自然体を取り戻す方法

◇平常心・自然体を取り戻す方法

執着と投げやり、狭い視野、勝負の時に焦って失敗する、株式市場が上昇すると焦って良く分からなくなる、など『人生に勝つための大きな壁』が沢山あります。この壁を打ち破れる人と、打ち破れずに失敗し続ける人に分かれます。

私は人間の心理を考えるのが昔から大好きで、どうすれば『何かに直面した時に勝てるか』ということの研究をずっとしてきました。理由は『負けるのが嫌い』『プライドが非常に高すぎる』(これはプラス面とマイナス面の両方があります)からです。

マクロ的に言いますと、どういうふうに『自分のマインドをコントロールするか』ということになります。マインドコントロールが誰でも出来る時とはどういう時かと言いますと、それは自分が絶対的に優位な時です。誰でも小さな子供と話す時には『自分の方が上』ですから、色々なものが見えますし、焦る事もありませんので、何をどうやって話そうかと考える余裕があります。

自分が優位だと思えれば『マインドコントロールは簡単』だということになります。しかし、勝負とは『同じレベルの人間同士の戦い』ですから『初めから一杯一杯で余裕がある』という環境ではありません。

ではこういう環境で『どう対処すれば良いのか』と言いますと、答は二つのケースに分かれるといえます。一つは『人間が相手』の時で、もう一つは『仕事が相手』の時です。仕事が相手の時は人間が相手の時に比べて簡単です。

なぜならば、仕事が相手の時は『マインドコントロール方法が非常に理論的』ですから、誰でも慣れれば出来るというレベルものです。大変なのは『人間が相手』の時です。ここで優位に立つ為には『自分の努力は誰にも負けない』とか『自分が出来る事は、出来る範囲ですべてやった』という気持ちになることが第一で、第二は『勝つと考えるのではなく、自分のベストを出しきって、その時に自分がトップであれば勝ち、誰かが自分を上回れば、今回は負けたが次回までにはもっと努力して勝てば良い』と考えることです。

つまり、人間が相手の時には『相手も努力しています』ので努力の差で決まるということになります。誰かが『努力とは体積だ』言っていました。肉体的努力にしても頭脳の努力にしても『使った時間と、その時間のなかの深度』によって勝ち負けが決まるという意味です。

つまり、時間を使っても『考えているばかり』では勝てませんし、何も考えずにがむしゃらに体力だけを使っても勝てません。時間を使い、その使っている時間のなかで『頭を最大限に使う』という両方が出来なければ、他人に勝つことは出来ないと言えます、

では簡単な方の仕事が相手の時にはどうすれば良いのか。ここで言う仕事とは『会社』であり『株式投資』です。

会社で良く見受けられる事としては『締切りが迫ると焦って、舞い上がってしまう』ということです。その結果は『無理をしてレベルの低い仕事になる』か『焦って失敗を繰り返して、手戻りで無駄に時間が過ぎて、体力だけを消耗する』ことです。

その結果、ストレスが溜まり、体が弱くなって、病気に掛かったり、鬱病になったりします。先日も焦ってしまうというスタッフに『焦らないようにすれば良い』と言ったところ、そういう時に『慌てるな』と自分に言い聞かしているが効果がないと言いました。

これは一番駄目な方法です。焦っている時に焦るなと言って『焦らなくなる』ならば、誰もマインドコントロールに苦労はしません。これは考え方が非論理的です。ある人がゴルフは物理だと言いましたが、私は『人生は物理』だと思っています。

つまり、焦っている時に『焦るな』というのではなく、冷静に今後出来る事をマクロ的な視野で検討し、できるところまでやり、その後は締切りが過ぎてからすれば良いと考えれば、焦る必要はなくなります。

仕事は一生続きますし、その人が死んでも会社は続きます。ということは『改善や改革はエンドレス』だということです。エンドレスならば、何をしても『常に途中』です。途中ならば、その後の再開した時に仕事がやりやすいように終わらせるべきです。

良く何かのプロジェクトをする時に、ほとんどそのプロジェクトが完成した時に、何か『更に良い事』を発見したとします。この時にほとんどの会社は、ここまでしたのだから『いったんはこのまま終了し、1年後にまた作り直せば良い』と考えます。

ということは、駄目な事を1年間も放置するということになります。他社は必死で努力しているのに、自分の会社が『良い事、他社に勝る事』を放置するということは『他社に勝ちやすい環境を提供する』ことと同じです。つまり、わざわざ敵に塩を贈る行為であり、勝負の世界では有り得ないことです。

つまり、生きるということは『常に物理的に物事を考える』と言うことです。株式投資であればどうすれば良いかと言いますと、私は何時も『株式市場は何時でもある』ということと『また買いチャンスは来る』ということから、割安の時に変えなかったら次を待つという戦術を取ります。

株式投資では『負けたら終わり』です。折角稼いだお金を失うということは、また貯めるのに時間が掛かることは勿論ですが、勝つチャンスの時に資金がないということは『勝つチャンスを失う』ことであり、この事を繰り返しますと、年間で見た時に『勝ち続けた投資家』と『負けてお金がなく、勝つチャンスに投資出来なかった投資家』では、10年、20年と経過したときには『想像を絶する差』が付きます。

ここでもマインドコントロールが出来ているかどうかで決まります。マインドコントロールは『最初は誰も出来ない』のですが、人間の脳は繰り返すと何でも出来ようになりますので出来なくても考え続けて下さい。

私の経験では絶対に不可能という問題でも3ケ月間考え続ければ、何らかの解決方法が見つかります。そして、その時の流れですが、不可能な事ですから、毎日考え続けていても『毎日、分からない』の連続になります。

そして、この連続を繰り返しますと、突然『何か』が見えてきます。この『何か』が見えるまで『分からなくても考え続ける』ことが出来れば『人生の勝者の方法』を掴めると思います。

http://www.asahi.com/business/today_eye/TKY200802180413.html

おすすめサイト「FXの基礎講座」

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。