FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

FXでスワップ狙いの場合、損切りはした方がいいのか



FXでスワップ狙いの場合、損切りはした方がいいのか、しない方がいいのか、どちらでしょうか。

スワップを目的に長期で保有する場合、レバを低くしろと言う人が多いです。
値段が下がってもロスカットされないようにするためです。
一方、FXで儲けるためには早めの損切りが重要という人もいます。

スワップ狙いの場合、損切りしない方が儲かる確率が高いのでしょうか。
それとも損切りした方がいいのでしょうか。



スワップ狙いの場合は長期に証拠金を置くということが前提です。
ですから、FX会社なり、あなたが取引をする会社の信用度がなによりも大切です。
手数料は高くてもかまいません。どうせ、買うときに一回払って、何年後か何ヵ月後かに手仕舞うときに払うのですから、手数料の高安は問題ではありません。
スプレッドもさほどは問題ではありませんが、ドル円なら4銭から5銭までなら我慢しましょう。
スワップは大きい方が良いことは当然です。
信用不安のある後発弱小のFX会社が高スワップで客を誘い込むことが多いかもしれませんので、気をつけましょう。

さて、ロスカットですが、デイトレや1週間くらいまでのスイングではロスカットが必要かも知れません。
私はロスカットの逆指値が大嫌いです。
こまかなところで直にロスカットされてはたまりません。
ですから、ロスカットは諸刃の刃です。ここまでは許容できるとの限度を自分の財力から決めて・おかなくてはいけません。


じゃ、うんと勉強をなさって、立派なトレーダーになってください。
株でもFXでも、命がけで戦う気心が必要です。時間も割かなければなりませんから、片手間では出来ません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。