FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

実はよくわからないくりっく365

実は良く知らないという人も結構いるのではないかと思います。 なんとなく税金面が有利ということだけはしってるけど詳しくは・・・という方のために今回はくりっく365を取り上げたいと思います。くりっく365とは外国為替証拠金取引を公設の取引所で行う

為替の取引所取引の愛称のことです。東京金融先物取引所が運営を行っていて、2005年7月1 日より上場を開始しました。

簡単にいうと、くりっく365とは「公設市場で行われる取引」のことで、非取引所取引とは「業者との相対取引」のことです。つまり、「FX業者」と「あなた」の2者の間でなされる取引が原則なわけですが、くりっく365は売りたい人と買いたい人をつなぐ業者だと考えればいいと思います。

くりっく365の特徴は税金が安くなるということです。

具体的には、くりっく365では、一律20パーセントになっています。どんなに儲けても20パーセントです。非取引所取引の場合、最大で50パーセント税金がかかることになります。 くりっく365で生じた損失金額は確定申告を行うことにより、翌年から3年間にわたり、くりっく365や、先物(日経平均、金など)で生じた利益から繰越控除できます。

例えば、為替で利益を得て、日経平均先物で損失を計上した場合はその両方の損益を合算して申告分離課税することが可能となります。

ただし、株の取引による損益は通算できずに、あくまでも先物取引の場合にのみ有効です。また、他の外国為替証拠金取引業者で行っているものも損益通算できません。

また、くりっく365は公設の取引市場で複数の会社が参加しており、売値、買値は、マーケットの実勢に応じた一本値の金額となります。スワップ金利についても、複数の外国為替証拠金取引業者が提示するスワップのうち、最も投資家に有利なものが選ばれるため、一般的なFX企業よりも有利なスワップで取引することが可能です。

くりっく365では、投資家のFXの証拠金は全額公設の取引所に完全預託され、その上で分別管理されます。したがって、万が一、FX取引企業が倒産した場合であっても、証拠金・保証金は預託されてあるので、全額返却されます。ですので、くりっく365であれば、安心してFXに参加することが可能です。

ここまでメリットばかり述べてきたのでいい事ばかりじゃないかとおもわれるかもしれませんが、デメリットあります。

くりっく365の一番大きなデメリットは、「取引できる通貨の種類が少ない」ということでしょう。 できるだけ多くの通貨を扱うことで、リスクをヘッジさせることができますので、数が少ないのはそれだけ不利といえます。

ばんせい証券の“くりっく365”!!

小林洋行のFX

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。