FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

テクニカル分析 エンベロープ

エンベロープ今日はエンベロープを紹介したいと思います。トレンド系の指標となります。
計算式を以下に記します。

N日間の移動平均線に、その時点の±N%の幅で線をプロットします。

N日は一般的には移動平均を基準に3~5%の幅でプロットさせます。

買いサイン
下に乖離させたバンドに価格が到達した地点が買いサイン

売りサイン
上に乖離させたバンドに価格が到達した地点が売りサイン

この指標は前提に移動平均線から価格がある程度乖離した後は価格は移動平均線へ回帰するというのが下になっています。乖離幅を小さくしすぎると反転の目安にはならず、大きすぎてもいつまでもサインがでないということになりますので、各通貨ペアに合った乖離幅を探る必要があります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。