FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

テクニカル分析 一目均衡表

今回はテクニカル分析一目均衡表を紹介したいと思います。
パク自身、一番重要なテクニカル分析だと思っています。


無題
基準線
当日を含む過去26日間の高値と安値の中間の値段をつないだもの(26日間の高値+26日間の安値)÷2

転換線
当日を含む過去9日間の高値と安値の中間の値段をつないだもの
(9日間の高値+9日間の安値)÷2

先行スパン1
基準線と転換線の中間の値段を26日先行させたもの
(基準線+転換線)÷2を26日先行させて記入

先行スパン2
過去52日間の高値と安値の中間値段を26日先行させたもの
(52日間の高値+52日間の安値)÷2を52日間先行させて記入

遅行スパン
その日の終値を26日遅行させたもの

だらだらと主要な部分を説明しましたが、まだ全然つかめないと思います。ここでは簡単に概要を説明しようと思います。

基準線
相場の方向を示す線です。一番重要な線です。単純に上向きのときは上昇トレンド、下向きのときは下降トレンドの状態です。

転換線
転換線と基準線との交差で売りか買いかを判断します。
転換線が基準線より下にある状態から基準線を上に突き抜けてきたときが買いのシグナル、逆に転換線が基準線より基準線を下に突き抜けてきたときが売りのシグナルです。

先行スパン1と先行スパン2
先行スパン上限と先行スパン下限の間の面を「雲」と呼びます。この雲が支持帯雲や抵抗帯雲の働きをする事があります。簡単にいうとこの雲を突き抜けるとそのあとトレンド継続しやすく、逆に突き抜けるのとき壁の役割するといわれています。

遅行スパン
遅行スパンがチャートより上にある場合は26日前に買いポジションの利益が確定できる状態なので、トトレンドは上向きといえます。逆に遅行スパンがチャートより下にあるときは26日前の売りポジションの利益が確定できる状態になっているということになるためトレンドは下向きといえます。
 また、遅行スパンがチャートより下にある状態からチャートを上に抜けていく交差ポイントが買い転換、遅行スパンがチャートより上にある状態からチャートを下に抜けていく交差ポイントが売りの転換のサインとなります。


一応簡単に説明してきましたが、なかなか難しいと思います(汗)。一目均衡表は凄く重要なので一度ちゃんと勉強することをおすすめします。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。