FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

テクニカル分析 RCI

rci_20071211034442.gif


今日はオシレーター系のテクニカル分析、RCI順位相関係数を紹介したいと思います。
個人的にはすごく好きなテクニカル指標です。
計算式

RCI=(1-6X/(Y(Y2-1)))×100
X=相関順位差の合計
Y=期間

一般的に日数は5日、9日、12日などが使われています。

RCIがゼロ以上であればトレンドは上向き、ゼロ以下であればトレンドは下向きです。
-80%以下で売られすぎ、+80%以上は買われすぎと見ます。
ここで注意が必要なのがオシレーター系の弱点の大きなトレンドがあるときは弱いので注意が必要です。

買いシグナル
順張りで対応する時はRCIがマイナス圏からプラス圏に転じたときに買います。

逆張りで対応する時はもう一本日柄の長いRCIを描き-80%以下のゴールデン
クロスで買います。

売りシグナル
順張りで対応する時はRCIがプラス圏からマイナス圏に転じたときに売ります。

逆張りで対応する時はもう一本日柄の長いRCIを描き+80%以上のデッドクロ
スで売ります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。