FX口座キャッシュバッグ検証

FX業者のキャッシュバッグ企画を検証します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

金利について

今回は政策金利について紹介したいと思います。政策金利は国の中央銀行が金融機関に貸し出しを行うときに適用される金利のことをいいます。政策金利は

安定的に経済が成長させるためのアイテムです。景気引き締めには金利を上げ、景気向上を促すには金利を下げます。簡単にいうと、景気がバブルのように過熱ぎみだと、金利を上げると、会社はお金を借りて事業しているので、事業をしにくくするというものです。逆に金利を下げると事業がしやすくなるという構造です。それで、景気を調整しているのです。

でもお金を貸す側(預ける側)にとっては、金利が上がるほうがたくさんお金をもらえるのその通貨の需要が上がり、通貨の価値が高くなります。

政策金利の動向は、相場を判断する材料としてとても重要な要素となります。

長期投資やファンダメンタルズ分析にも欠かすことのできない指標です。

現在の日本の金利は世界でも稀にみる低さです。バブル崩壊後の不景気を脱出させようと政府はゼロ金利政策をとっていたので、その名残がまだ続いています。

がしかし、日本も景気が回復してきて、日本が利上げするのは確実で、その時期について議論されている状態です。、日本が利上げすれば円の価値があがりますの円高になります。なので長期的にみれば、相場は円高傾向にあります。

それならば、もしアメリカが政策金利を引き下げるとドルの価値が下がるから、ドル円は下がるんではないかと思われるかもしれませんが、そう簡単なことではないのが為替相場の難しいところです。

先ほども述べたように、金利が下がると、会社は事業がしやすく株価が上がります。アメリカの株価が上がると、関係が深い日本の会社の株価も上がります。ここでは深く説明しませんが、株価が上がると円安になるので、実際はドル円が上がるということが多々あります。

やはりいろんな指標を総合的に判断するしかないというのが実状ですが、最も重要な指標だということには間違いないです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。